朝カレーダイエット

最近、朝食にカレーライスを食べるダイエットが話題となっています。 毎朝カレーを食べるだけでダイエットに成功したという、芸能人がいましたね。 それに、あのイチロー選手は、朝食と昼食を兼ねた食事としてカレーライスを毎日続けているという事です。 交換神経が高まって、脳がシャキッと元気になるそうです。

私たち日本人にとっても馴染みのあるカレーライスで果たして痩せることができるのでしょうか。 実は、カレーには、10種類以上のスパイスが含まれており、唐辛子やターメリックには脂肪を分解して、燃焼しやすくしてくれる発汗作用や脂肪燃焼促進効果が期待できます。同じく、カルダモン・オールスパイス・クローブなどのスパイスは、交感神経の働きを高めてくれる役目をして、ガラムマサラは血行を促進して新陳代謝を高めてくれます。

朝カレーをご飯と一緒に食べると、ご飯の糖質をすぐにエネルギーに変えてくれるために脂肪として吸収されにくいのです。 つまり、発汗作用・新陳代謝・脂肪燃焼促進効果がある朝カレーはダイエットには強い味方です。 でも、毎日は飽きてくるかもという心配のある方は、うどんにしたり、ご飯の代わりにパンにしたりしてバリエーションを代えてみましょう。

スープや味噌汁などにカレー粉をいれてもいいかもしれません。 作り置きができるものですので、たくさん作って小分けしておくと便利です。 でも、ダイエットですから、お腹いっぱいたべるのではなく、腹八分目の量で抑えるのが長く続くコツです。